• NEW GRADUATES 2020 TOP
  • PEOPLE
  • TEAM
  • CORPORATE DATE
  • MESSAGE
  • REQUIREMENTS

アドプラットフォーム事業部

Feel the speed

自社開発のアドネットワークで圧倒的ハイスピード配信を実現

アドプラットフォーム事業部

アドプラットフォーム事業部

アドプラットフォーム事業部の事業内容をお聞かせください

自社開発の広告プラットフォーム“arata”が保有する多数のメディアを通じて、広告主とユーザーを繋げることがメインの仕事です。
“arata”とは、テキスト広告からスタートして、現在はサイトのコンテンツと広告が自然にマッチする“ネイティブアド”や、バナー広告を中心に展開しているアドネットワークです。

アドネットワークを広告主が利用するメリットは?

アドネットワークは多くのメディアに一括して広告配信ができるため、広告主様は、短期間で見込み顧客となり得る多数のユーザーに訴求できるという点が、一番のメリットです。

数ある広告のなかで、“arata”の強みはなんでしょうか?

アドネットワークの中で差別化を図るとすると、保有するメディア・配信機能・広告の運用力の何れかとなりますが、“arata”の強みは、他社がほとんど参入していない“テキスト広告の広告枠を多数保有していること”、“独自開発機能”を持っていること、“受注から配信までのスピードが早い”という点ですね。Web広告は、スピードが売上を大きく左右します。テレビや雑誌の広告と違い、すぐに広告をユーザーへ届けられるのがWeb広告の魅力の1つです。
広告配信開始までの早さの秘密は、“自社開発”にあります。自社のシステムですので、企画から配信までに仲介業者が入らず、受注から広告配信までのスピードが圧倒的に早くなります。もしこのシステムが他社開発商品で私たちが代理店だったとしたら、受注から配信まで早くても3~7営業日はかかります。“arata”では早ければ受注当日に配信することも可能です。

アドネットワーク運用のため、具体的にはどのような業務をされるのですか?

運用業務では、予算内で最適な広告配信ができるよう、配信メディアの精査、クリックごとに発生する広告配信コストの調整、クリエイティブの差し替えなどを行います。他に、新規の広告主とメディアを開拓する業務があります。現在は皆がどの業務にも関わっていますが、月間の取扱い案件が100件を超えてきたので、今後は分業化していく方向で動き始めています。

業務はチームワーク型と個別作業型、どちらの傾向でしょうか?

広告運用に関しては個別作業が多くなりますが、広告主には結果をお返しし、メディアには広告掲載報酬をお戻しし、双方に利益を生まなければいけないので、セールス、運用、それぞれの担当者が積極的に意見を交換する事が重要になります。その意味では、チームワーク型の事業部だと言えます。

チームワークを円滑にするために行っていることはありますか?

ランチはよく一緒に行きます。
また、つい先日は“モアコミファミリーデイ” と題して、社員とその家族で、他の事業部も含め15人で一泊旅行に行ってきました。

ランチや旅行は、仕事にどのような効果をもたらしていますか?

言いたいことを言い合える環境づくりに役立っていますね。プライベートでも一緒にいる機会を持つことで、接しやすい関係が出来ています。率直な意見交換は、仕事の質を高めるのにとても重要な要素ですから。

アドプラットフォーム事業部に適した人物像は?

何にでも興味を持ち、分析や深堀りをすることが好きな人や、成長意欲があり、自身で物事を発信できる意欲的な人が向いています。

事業部の5年後は、どのようになっていると思いますか?

“arata”“arataDSP”を通して、ユーザーにとって価値ある広告の提供を続け、5年後は収益を今の5倍にするのが理想です。

PAGE TOP