NEWS

  • 2010年07月09日
  • RELEASE

M.C.Global 中国最大級モバイルSNS「天下網」と業務提携し“乙女系”モバイルソーシャルゲーム『鬼灯~二藍棲妖』を提供開始

携帯電話向けのメディア事業やオンラインゲーム事業を手がける株式会社more communicationグループの海外事業を展開する株式会社M.C.Global(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:日根弘樹)は、中国最大級のモバイルSNSサービス「天下網」を展開する上海蛙扑网絡技術有限公司と業務提携し、「天下網」上で稼働するソーシャルゲーム『鬼灯~二藍棲妖』を第1弾として、6月29日(火)より提供開始しました。

業務提携概要
業務提携の内容は、中国最大級のモバイルSNS「天下網」で稼働するモバイルソーシャルゲームを当社が提供するものです。上海蛙扑网絡技術有限公司およびそのグループ企業と資本関係のない中国国外の企業が「天下網」上で稼働するソーシャルゲームを提供するのは今回初めてのケースとなります。

「天下網」は、2010年5月時点で約1300万人の会員を有し、ソーシャルゲームのニーズも高まっており、実績・ノウハウとスピード感のある日本のモバイルコンテンツ事業者との連携を模索しておりました。

一方、当社グループも、日本国内で培ってきたモバイルゲームのノウハウや実績を活用し、中国モバイルゲーム市場へ早期の参入が利用者拡大のチャンスと捉えており、今回の提携に至りました。当社がゲームの企画・開発・運営を行い、「天下網」運営者側では集客および決済システムの提供を行います。

『鬼灯~二藍棲妖』ゲーム概要
提供するモバイルソーシャルゲームの第1弾は、当社が既に国内でも提供している“乙女系”モバイルRPG『鬼灯~二藍棲妖』(日本語タイトル「鬼灯~ほおずき~二藍の刻にひそむ妖」)です。

『鬼灯』は、プレイヤーが最初に好みの一人の鬼(男性キャラクター)を選び恋愛を楽しんだり、その鬼とタッグを組み、修行や鍛錬などを積みながら育成させたりする、【恋愛】【アドベンチャー】【育成シミュレーション】を融合させたゲームです。プレイヤーは、鬼の能力を表す「術」値、鬼との仲の良さを表す「絆」値、鬼の肉体的な疲れやストレスのようなものが表す「疲労」値をコントロールしながら、ステージごとに必要となるアイテムやポイントを獲得し、ストーリーを進行させていきます。

また、プレイヤーの成長度合いによってストーリー展開が変わるマルチエンディング形式を採用しています。「天下網」ユーザーは、1クリックで簡単に登録でき、無料でゲームを楽しむことが出来ます。

今後、国内で提供しているゲームをはじめとするモバイルコンテンツやモバイルコミュニケーションツールの海外展開や、国内・国外企業との連携による海外事業を積極的に進め、日本産モバイルコンテンツの市場拡大に寄与してまいります。

以上

カテゴリーCategory

アーカイブArchives

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

ページトップへ